STAR WARS(スターウォーズ)「ライトセーバー」をキャンプ場で開封!!

スターウォーズ

スポンサーリンク

今回は、以前のキャンプ記事「初心者が「しあわせの村」に初CANP(キャンプ)に行って来た!!(準備編その1)」の最後で「とある物…。」を持って行ったと紹介していたSTAR WARSのライトセーバー(ブラックシリーズ「01ヨーダモデル」)をキャンプ場で開封して遊んでみた感想を語っていこうと思います!!

「ライトセーバー」との出会い

最初のスターウォーズが公開されてから35年以上も経過してなお根強い人気を誇る「STAR WARS(スターウォーズ)」ですが、正直私はそれほど熱狂的なファンではなく、世代もどちらかと言うと私よりちょと上の方々がドンピシャという感じで、感覚的に男の子として「カッコイイ!!」という印象の方が強かったのかもしれません。

 

ただ、当時としては映像が画期的で尚且つ「ビーム砲」「ビーム銃」「光る剣(ライトセーバー)」を実写にてカッコ良く描写し、「STAR WARS=ライトセーバー」と言うくらい誰もが知っている存在となり、子供の頃一度は剣(ライトセーバーもどき)を振り回して「ごっこ遊び」を体験した人も多いのではないでしょうか?

 

子供の頃の記憶ではSTAR WARSの玩具が存在していたかは覚えておらず、それほど興味もなかった為、おもちゃと言えば「ガンダム」や「マクロス」など、日本のアニメ玩具の方が店頭にたくさん陳列されていたように記憶しております。

 

それから十数年経った20歳くらいの頃、「東京ディズニーランド」に遊びに行った際、確か「イクスピアリ」で輸入玩具の店舗で初めてマスターレプリカの「ライトセーバー」が展示してあるのを一度だけ触った記憶があり、その時から「欲しい!!」と思っておりましたが、値段が高くて手が出なかったのを覚えております。

 

「開封」に至るまでの経緯とは?!

マスターレプリカの「ライトセーバー」に触れてから数十年経った今、STAR WARSもエピソード7が制作公開され、それに合わせてSTAR WARS人気が再熱、更にタカラトミーより「ブラックシリーズ」としてライトセーバーが順次発売され、私は「ヨーダ」が好きだった事もあり、ヨーダモデルのライトセーバーを発売前から予約して購入しておりました。

IMG_3204

しかし、購入したからと言ってすぐに「開封」した訳でなく、「もったいない病」が発動+「開封しても外で夜中にブンブン振り回して不審者に思われないかな~…。」なんて思ったりもして、なかなか「開封」に至りませんでした。

 

という事で、キャンプに行く時「そうだ!!キャンプ場だったらライトセーバー振り回しても不審者扱いされない!!だろう…。」と勝手に思い込み、「ライトセーバー」をキャンプ場に持って行って「開封」する事に決めました!!

 

「開封!!」クオリティーも値段もおじさん専用!!

いよいよキャンプ場にて「開封」したのですが、第一印象は「やべ~!!ちょ~良く出来てて重量感もあってスゴイ!!」と言うのが初めて見た時の感想で、電源をONした時の感想は「感無量!!」、「」「光り方」「質感」どれをとっても文句のつけようがないくらい良く出来てると思います。

IMG_3205

(グリップ部はヨーダモデルなのでコンパクトです)

IMG_3209

(グリップ部底から音が出ます)

簡単に解説すると、電池は「単4×3本使用(LEDの懐中電灯みたいな感じで、柄の部分から電池ケースがスコッっと抜ける感じです。)」で、サーベル部(剣の部分)は電源を入れると柄の先方から先端に音とともに光っていく感じで、「」は動かす事によって音色が変わり、サーベル部(剣の部分)にショックを与える事によって「衝撃音」が出るギミックが搭載されていますので、二人でチャンバラごっこをすれば劇中のシーンを再現する事も出来ます。

IMG_3213

(電池入れと「音」が一緒になったギミックケース)

IMG_3212

(発光はほんと綺麗です。)

IMG_3214

(分かりにくいですが「飾りスタンド」です)

IMG_3217

(飾りスタンド発光状態)

ごっこ遊び」が出来るという事は、多少の衝撃も耐えうる素材で作られているので、そんな神経質にならなくても簡単に壊れる事はなさそうです。

 

さあ肝心の値段なのですが、「カイロレン」モデル以外定価が25,000円(税抜)で販売されており、Amazonさんでは定価より値段が安くなっていますので、自分好みのライトセーバーをチョイスして購入する事をおすすめ致します!!

 

 

STAR WARS「ライトセーバー」まとめ

ちなみに「ヨーダモデル」のライトセーバーは「ルーク」や「ダースベイダー」などと比較すると多少短く作られているので、振り回すには扱いやすいです。

 

STAR WARSも今後EP8、EP9と劇場公開が控えておりますので、STAR WARSアイテムも今後たくさん登場してくるかと思いますが、私の大好きな「LEGO」でもSTAR WARS関連の商品が山ほど登場していて、人気の作品なんだと改めて実感させられます。

 

遊ぶ」には高価すぎるし、「飾っとく」には長くてスペース的に難しい(てか、奥さんに怒られる。)ので箱に収納しておりますが、ほんと良く出来ていますので、みなさんも是非手に取って振り回してみる事をおすすめ致します!!

 

スポンサーリンク