「Pokemon GO(ポケモンGO)」リリースから1週間!メディアの反応は?!

pokego

スポンサーリンク

今回は、「Pokemon GO(ポケモンGO)」がリリースされて約1週間が経過して、何かと騒がれている「Pokemon GO」のメディアの扱いについて語っていこうと思います!!(今回はちょと硬いお話だよ!!

「Pokemon GO」に対するメディアの反応

ポケモンGO」が日本で正式リリースされて以来、連日Twitter(ツイッター)では様々なコメントがつぶやかれており、今でこそ少なくはなりましたが、メディアでは毎日のようにニュースに取り上げられ、一種の社会現象と化している「ポケモンGO」ですが、「妖怪ウォッチ」の時と同じように「良い印象」での捉え方はされず、「悪い印象」のニュースばかりが目立って取り上げられている感じの一週間だったように思います。

 503648

メディアが取り上げれば取り上げるほど、元々関心のなかった人まで感心するようになり、プレイ人口が増え、様々な問題を発生させる率は高くなり、今やネット社会とも言われているこの時代では、若者が目立ちたい一心でSNS(ソーシャルネットワークシステム)で一時期ニュースで問題になったアルバイトが業務用の冷蔵庫に入って写真を撮るなどして問題となった現象が、この「Pokemon GO」でも起こらない様、ルールを守って遊んでほしいと願うばかりでありますが、メディアは「悪い印象」のニュースばかり先行して取り上げてしまう傾向にあるので、「Pokemon GO」はリリースして1週間しか経っていませんが、「悪いイメージ」が付きつつあります。

 

任天堂が作った訳ではない!!

一部のニュースで見たのですが、重要な施設に侵入して「Pokemon GO」をプレイしていたとして、今後立ち入らない様、任天堂に抗議したという内容でしたが、そもそも「Pokemon GO」は任天堂が作ったゲームではなく、google(グーグル)から独立したNiantic社(ナイアンティック)が制作したゲームですので、任天堂に抗議じゃなくてナイアンティックにするのが筋ってもんで、メディアが与える影響が大きい分、報道する前に事前に色々な事を調べた上で報道してほしいと思います。

 IMG_3556

(「NIANTIC社」が制作 「ポケモン社」がブランド提供)

任天堂が販売する「Pokemon GO puls」

本来ならば7月の末に発売予定されていた「Pokemon GO puls(ポケモンGOプラス)」という腕にはめて「Pokemon GO」のポケモンをスマホの画面を見ずに捕獲出来るという商品なのですが、こちらの商品に限っては任天堂が販売する商品として注目が集まっていたのですが、9月に発売延期となってしまいました。

 Pokepla

(出典:「Pokemon GO」公式HPより)

延期の理由は「準備が整っていないから」という理由らしいですが、私個人的な意見を言わせてもらえば、延期せず波に乗っている今販売しなくていつ売るんだ!!と言いたいのですが、このまま販売しても「妖怪ウォッチ」の二の舞で、品薄状態が問題となり、結局任天堂が叩かれてしまうのが目に見えていますので、どちらにどう転んでも「良い印象」にはならないと予想されるので、結局「ゲーム」というジャンルは昔も今も良い方向には行かないのでしょうか?「ゲーム」というジャンルはそれほどまでに人に悪影響を与えるものなのでしょうか少なからず私はそうは思っておらず、時代の最先端の技術であり、尚且つ日本の誇れるジャンルだった(今でも?)と私は信じております。

 

マナーを守って遊び、進化すれば経済効果も?!

Pokemon GO」に対しての今一番の問題点は「歩きスマホ」「不法侵入」「自動車運転中操作」「未成年の深夜外出」などなど、(けっこうあるな~)いっぱい課題はありますが、マナーを守って遊び「Pokemon GO」の「ポケストップ(アイテムが貰える場所)」見直し、ゲームシステム改良にて観光名所などに人を集めるツール(ゲーム)として大活躍してくれそうな気がしますが、今のシステムのままではユーザーが飽きてしまい、プレイ人口も減少していくと予想されます。

 14187374347_32efea9134_b

私は現在、主要都市と呼ばれるような場所で働いていますので、ポケモンもストレスなく現れてくれますが、家に帰るとポケモンの姿はほぼなく、近所を数百メートル歩いてやっと現れてくれる程度ですので、田舎に住んでいる人と都会に住んでいる人との差が激しい為、この辺を改善しない限り「Pokemon GO」に未来はないと感じています。

 

Youtube等で配信されている動画をちょくちょくチェックしていて、主要都市に住んでいらっしゃらない方が田んぼ道をテクテク歩いている動画を拝見させて頂きましたが、ポケモンが近くにいる反応がなく、ポケストップは遥か遠くにポツンと点在しており、ジムに至っては遠~くの方にかすかに1か所見えている感じを見て、あまりにも都会との違いを目の当たりにしました。

 

もしもこのまま「Pokemon GO」の運営をこのままの状態で続けていくのであれば、恐らくプレイ人口は減っていき、都会でもメディアから知ったプレイヤーの方々は止めていくと思われます。

 

現に配信を開始して2、3日後と、1週間経過した今日(7/29)とでは明らかにプレイしている人口が違う印象を受けました。(私個人の印象です。

 

ネットの情報では、今は1割程度のコンテンツしか配信されていないようですが(定かではありません。)、もしも残りの9割のコンテンツがあるのでしたら、前倒ししてでも配信していってプレイヤーの維持を最優先してほしいと願います。

 

「Pokemon GO」のメディアの反応まとめ

今回、本来ならば私個人のプレイ状況を語っていく予定でしたが、冒頭から脱線してしまい、硬いお話になってしまいましたが、「Pokemon GO」が社会現象としてメディアに大きく取り上げられるまでは良いのですが、近年は行き過ぎた報道が「ゲーム」を悪者のように扱う傾向がある為、ゲーム好きで子供の頃からゲームに触れて生きてきた私にとっては心が痛いです。

 

どの時代にもゲームに関しての社会現象は存在しており、「ドラゴンクエスト」だったり、「たまごっち」であったり、「プレイステーション」だったりと、数多くのゲーム関連がメディアに取り上げられて来ましたが、昔はそこまで悪いイメージの報道がなかったように思います。

 

煽っているのは少なからず「メディア」です。

 

社会現象として取り上げるのであれば、最後まで責任もって応援してほしいと思うのは私だけでしょうか?「Pokemon GO」は今までにない新しい形のゲームですので、試験的な部分もあり、多少の問題が発生する部分もあるかと思います。

 

今回の「Pokemon GO」は任天堂が制作していませんが、日本が誇れる企業が作ったキャラクターたちが世界で活躍しているというだけでも素晴らしい事であり、応援する価値は十分にあると思いますので、今後のゲーム業界を期待しつつ「Pokemon GO」をプレイしていきたいと思います。

 

※今回語っている内容はあくまで私個人の意見で、情報に関しては私個人が独自に収集した情報ですので、間違っている部分があるかと思いますがご了承ください。

あと、「Pokemon GO」をプレイする際は十分まわりに注意して、人の迷惑にならないようにし、禁止されている建物などに侵入してのプレイなどは絶対にやめましょう!

 

IMG_3560

昨日、初めて「ピカチュウ」を捕まえたよ!!「ピカチュウ」だけ「ピッカッチュウ~~!!」って喋るんだね~!かわえ~!

スポンサーリンク