Nespresso(ネスプレッソ)のコーヒーメーカー種類とおすすめは?

IMG_2970

スポンサーリンク

前回に引き続きNespresso(ネスプレッソ)のコーヒーメーカーについて今回は、今現在販売されている機種の違いと好みによって分かれるオススメをご紹介していこうと思います。

Nespressoを購入する時の疑問と心得とは?

「Nespressoに興味があってお店に見にいったんだけど、いっぱい機械の種類があってどれを選んだらいいの?何が違うの?」って疑問が出てくると思います。

コーヒーメーカーに限らず、どんな商品を購入しようと思っても同じ商品なのに形だったり、性能だったり、容量だったり、色だったりで、すべてを考えたら何種類、何十種類にもなったりします。

ただ、最近の傾向としてはどんな商品もお客様のニーズに、より近いものを提供すべく、一部カスタム出来たり、機能の一部の有無が選択出来たりと、結果ややこしくなっている様にも思います。

その選択部分のすべてを理解しようと店員さんに聞こうとお店に足を運んでも、休日とかで混んでいたら聞きたい事も聞けず、不十分な説明のもと購入したはいいけど蓋を開けてみたら自分の思っていたのとは違ったなんて事もあるのではないでしょうか?

 

そこで、間違った買い物をしない為にも、今はネットで十分すぎるほどの情報が得られますので、ある程度の知識を蓄えてからお店に足を運ぶことをおすすめします。

そうする事で、例えば購入する際に値段の交渉ができたり、店員さんに重点的な質問ができ、自分の中で納得して商品を購入する事が出来て幸せな気持ちになります。

スポンサーリンク

Nespresso(ネスプレッソ)のコーヒーメーカーをご紹介!!Nespressoの種類について

 Nespressoの種類について

今現在販売されている機種は大きく分けて、最少、最軽量タイプの「イニッシア」「ピクシークリップ」、タッチボタンにて自動でカプチーノなどを抽出できる「ラティシマシリーズ」、本格的にスチームを使用したメニューができる「マエストリア」の以上3種類です。

機種を更に細かくご紹介

・最少、最軽量タイプ「イニッシア」

「イニッシア」はNespressoのメニューを楽しめる最安の機種なので、ミルクレシピは飲まぬ!!ぬぬっ!!て人向けで、せっかく買うんだからカプチーノとかマッキャートとか飲みたーい!!ぬぬっ!!って方は、ミルクの泡だてができるエアロチーノ(※1)がセットになったバンドルパッケージの購入をおすすめします。

ちなみにメニューボタンは「エスプレッソ」「ルンゴ」の2種類だよ!

 

・本体の着せ替えができる「ピクシークリップ」

「ピクシークリップ」は、「イニッシア」同様のメニュー構成と形もほぼ一緒なのですが、一部使用素材であったり、本体の側面ボディをカスタマイズできるなど、えっ?これコーヒーメーカーなの?新しいデザインのポッドにしか見えな~い!!なんて、お部屋の雰囲気に合わせてコーディネートしたい人向けの機種になってます。

ちなみに一部センサー機能の有無などがありますが、性能は「イニッシア」とほぼ一緒で、こちらもミルクレシピが楽しめるエアロチーノ(※1)がセットになったバンドルパッケージが用意されています。

 

・ミルクレシピがワンタッチで楽しめる「ラティシマタッチ」

こちらの機種は取り外し可能なミルクタンクが一体化した「ラティシマプラス」の後継機で、メニューボタンは6種類(ルンゴ、エスプレッソ、リストレット、マッキャート、カプチーノ、ホットミルク)あり、本体もキューブ状で設置場所を選ばずすべてのメニューが楽しめるオールインワンマシンです。

ちなみに店員さんに聞いたところ、「ラティシマプラス」から何が変わったか聞いたところ、ミルクの泡が更にきめ細かくなりました。と言っておられましたがホントかどうかはしりませぬ。

後、購入した人やyoutubeの公式動画を見たことがある人はご存知だとおもいますが、「ラティシマタッチ」「De’Longhi(デロンギ)」社製のコーヒーメーカーです。

※(追記7/18) ちなみにわが家の「NESPRESSO」はこの子です!!

(毎日いい仕事してます!!)

 

・「ラティシマタッチ」の上位モデルである「ラティシマプロ」

「ラティシマプロ」「ラティシマタッチ」よりも一回り大きいサイズで、「ラティシマタッチ」との違いはメニューが7種類で、上で紹介した6種類+「お湯」のみ出ます!え~!!紅茶だってカップラーメンまで出来ちゃう優れものじゃん!!

しかも表示パネルが搭載されていて、カップを設置している背面にLED搭載でオサレに光るし、高級感あるアルミボディ、更にはミルクタンクが円すい形でミルクレシピを抽出後に行うノズル洗浄もダイヤルを回すだけってもう、これでもか?むむっ!!っていうくらい業務用みたいなデザインと機能を詰め込んだようなコーヒーメーカーです。

 

・最後のご紹介は「マエストリア」

こちらの機種は現在(2016年1月)公式HPで取り扱っていないようですが、終了しちゃうのか?もしくは後継機が出るのか?品切れ中?のどれかですので、気になる方は問い合わせてみて下さい。

「マエストリア」は独特なオサレなボディとレトロチックな色を持つスチームノズル搭載型の機種で、一番の特徴はダイヤルで抽出量調整ができるので、スチームノズルを使って独自にロンググラスで色んなカフェメニューが作れるという超優れものです。

とにかくオサレなので、お部屋に置いて置くだけで癒されます。

しかし、スチームノズルを使うので、ある程度の知識と技術が必要になってくると思いますので、こだわりたい人向けのコーヒーメーカーになります。

 

(※1)エアロチーノ

エアロチーノとは筒型のミルクを泡立てる機械です。

ネット上では、みなさんの意見で「ラティシマ」がきめ細かい泡をつくるのか、エアロチーノの方がきめ細かいのか意見が分かれておりますが、私はエアロチーノの泡を体験した事がないので分かりません。

理屈から考えて「ラティシマ」の方は蒸気を通して泡立てるので何も入っていない「エアロチーノ」の方がきめ細かい様に解釈します。

でも実際「ラティシマタッチ」でよく「カプチーノ」やら「マッキャート」やら飲みますが、ほんとミルクの泡はきめ細かく大変満足しているので、そんなにこだわらなくてもいいのかな?って思いますよ。

(※今は「エアロチーノ4」が発売されています!!(7/18現在))

 

以上、現在販売されているNespressoシリーズを簡単にご紹介してきましたが、もっと細かいところで言う消費電力だったり、水のタンク量であったり、細かな設定なんかは公式ホームページのマシン紹介に詳しく記載されていますので、合わせて読んで頂けたらきっと自分に合ったNespressoが見つかると思いますよ!

 

長くなりましたが最後まで読んで頂いてありがとうございます。

 

次回のキーワードは「Nespressoの買うタイミングと…」もしくは「違う趣味紹介?!…」

スポンサーリンク