Nespressoの2016年春の限定カプセル発売と飲んでみた感想を語る!!

nes

スポンサーリンク

Nespresso(ネスプレッソ)ネタは以前の記事からだいぶ空きましたが、「安心して下さい。毎日飲んでますよ!!」てな具合に軽くギャグを入れてみましたが、今回は春の限定カプセル発売と感想を語っていきますよ!!

「ウムティマ ワ レイ…イタッ…。舌かんじゃったよ…。」?!

はい、訳のわかんない見出しから始まりました今回のNespressoネタなんですが、2016年春という事で、そろそろNespressoの限定カプセルが発売されるんじゃないかと待っておりましたが、先週あたりにNespressoさんからメールが来まして限定カプセル発売!!てな感じに発表されましたので早速カプセルを買いにいってまいりました!

 

まずは発売された限定カプセル2種類をご紹介!!

ルワンダ産

「ウムティマ ワ レイク キヴ」

アロマの特徴:ジューシーなフルーツのような香りと繊細な後味

味わいの強さ:6

 

メキシコ産

「タニム デ チアパス」

アロマの特徴:シルクのようになめらかな質感と香ばしいナッツのような香り

味わいの強さ:7

 

なんとも日本人には馴染のない地名が商品名になっている為、ほんと舌を噛んじゃいそうな感じですが、慣れると「タニムデチアパス」と、響きも流れも良くてスラスラ言えるのですが、もういっこの方は慣れない…。(ワがね…。)

 

限定カプセルの印象と飲んでみた感想は?!

Nespressoは相変わらずの高級感とオサレな感じがとても良くて、商品名はともかく今回のカプセルのデザインはとても可愛らしくもあり、色が繊細で目を引きましたね!

 

前回の年末の限定フレーバーは、カプセルを箱から出してしまうと、良く見ないと何のフレーバーかが分かりづらかったですが、今回は2種類ですし色とデザインがはっきりしているので解りやすい点という意味でも私的には好印象でした。

 

さてさて肝心の飲んでみた感想なんですが、まずは緑のデザインの「ウムティマ  ワ  レイク キヴ」ですが、公式の飲み方の推奨はエスプレッソもしくはルンゴということで、私はNespressoブティックにてルンゴで試飲させて頂きました。

 

カッコつけずに正直な私的な感想を言うと、とってもスッキリした味わいで、後味も酸味が残ったりせず、とても美味しく頂くことが出来たので、クセがない分飲みやすかったので私は気に入りました。

 

一方、赤っぽいデザインの「タニム デ チアパス」ですが、こちらのカプセルの推奨はリストレットもしくはエスプレッソということでしたが、買ってお家でカプチーノで飲んでしまったので細かな味の表現は難しく、美味しかった!!の一言に尽きます。

 

やはり、ミルクレシピで飲んでしまうと細かな味の差が分からなくなってしまって、正直フレーバーコーヒー以外は、どれも風味や香りがミルクでかき消されてしまいますので、味の強さの違いくらいしか私のようなド素人にはわかりませぬ。

 

ただ、定番商品も含めて今まで飲んだカプセルでこれは飲めない、おいしくない。と言った商品がなく、Nespressoを購入してから早3ヶ月、毎日美味しくコーヒーを頂いております。

 

2016年春の限定カプセルまとめ

店員さんの情報によると、限定カプセルは春の4月前後と、秋の9月前後に発売され、12月の年末に限定フレーバーのカプセルが発売されるとの事で、定番商品以外にも年3回発売されるカプセルが楽しみですね?

 

ただ、限定カプセルがとても美味しかった場合、定番化されない限りもう飲むことが出来ないので、うれしいのやら悲しいのやらで気持ちが複雑になりますが、定番商品も十分なくらい美味しいので、これからもNespressoを愛用していきたいと思います。

スポンサーリンク