ついに手に入れた「NESPRESSO(ネスプレッソ)」というコーヒーマシン!!

IMG_2962

スポンサーリンク

子供の頃、両親が喫茶店とスキーレンタル、お土産屋さんを夏と冬に季節限定で経営しておりました。

 

そのせいなのか両親は一日に何杯もの珈琲を飲み、そんな光景を目にしていた自分も、小学生の頃から珈琲が大好きで、特に「雪印のコーヒー牛乳」は今でも大好きで飲んでいま~す!

 

珈琲と言えばもう一つ、「UCCの缶コーヒー」は小学生だった頃、大好きでアホほど飲んでいた記憶があり、標準の250ml缶が主流で自動販売機にて売られていた頃、地方では500ml缶や190ml缶まで存在していたあの頃が懐かしい…。

 

そんなこんなで当然の如く、ドリップしたものやら、サイフォン管で淹れた珈琲なんかも小学生から飲んでいたおかげで今では炭酸は飲めず、お酒も飲まない。

 

この人生ほぼ珈琲しか飲まないのですが、最近年を取ったせいなのか、お茶がうまい。

 

てな訳で、家ではネスカフェの「バリスタ」(インスタントのコーヒーマシン)、外では缶コーヒーかコンビニのコーヒーを買って飲んでいましたが、昨年の夏ごろから「ドルチェグスト」(ネスカフェのカプセル型コーヒーマシン)と、「NESPRESSO(ネスプレッソ)」(ネスレのカプセル型コーヒーマシン)が無性に気になりだして、ネットで調べたり、大型家電量販店に足を運んではマシンに見とれておりました。

ちなみに「ドルチェグスト」が気になる方はこちらからどうぞ!!

↓  ↓  ↓

 

最初は「ドルチェグスト」がほしかった!

実は最初、購入の候補にあがっていたのはネスカフェの「ドルチェグスト」でした。

 

しかし、ネットで調べたり、youtubeのレビュー動画を見ていたら関連で掲載されていたネスレの「NESPRESSO(ネスプレッソ)」の方が気になりだして、最終的には「NESPRESSO」を購入してしまったのですが、今では1000%満足しています。

 

決して「ドルチェグスト」が悪いわけではないのですが、一般のレビューを読んで、みなさんが「ドルチェグスト」を購入した決め手の回答がほぼ「奥様がコーヒー苦手で、ラテ系メニューが豊富なのがドルチェグストだったから。」という意見がとても多く、旦那様はほぼ「NESPRESSO」を好まれる傾向が強く、私もラテ系メニューよりも定番23種類ものフレーバー珈琲が楽しめる「NESPRESSO」を選びました。

 

ちなみに「NESPRESSO」もコーヒー系のラテメニューが作れますので、家の奥様は大満足しております。

しか~し、グランクリュ(カプセルの事)の1杯あたりの値段が80円前後ですので、ちょっと贅沢な飲み物ではあります。

でも、缶コーヒーやらコンビニのコーヒーはほぼ飲まなくなったので、80円前後であれだけ美味しい珈琲が飲めるのなら全然ありです。

 

ココだけの話、実は「ドルチェグスト」のラテ系メニューのカプセルの方が1杯あたりの値段が「NESPRESSO」より高いって知ってます?

って言うより、「ドルチェグスト」「NESPRESSO」を一緒に考えたらダメみたいですよ。

 

「NESPRESSO」を購入した時に、あれやこれやと調べた事を次回詳しく説明していきますね。

 ちなみに「NESPRESSO」の本体はいろんなところで買えますが「カプセル」は公式でしか買えません!!

※わが家の「NESPRESSO」はこの子です!!(いい仕事します!)

あっ。」コーヒーマシンも趣味のひとつですよ。

 

購入する前に「あれやこれや」と調べている時間が楽しい。

しかも購入した後はもっと楽しい。

 

何でも楽しむ事こそが「趣味」だと思っています。

 

次回のキーワードも「NESPRESSO(ネスプレッソ)」

スポンサーリンク