LEGO 75827「GHOSTBUSTERS(ゴーストバスターズ)」がすでにプレ化!?

lego ghostbusters

スポンサーリンク

趣味の一つである「LEGO」について、是非紹介しとかねばならない商品が今回ご紹介する「GHOSTBUSTERS」消防本部である。一般ショップでは入手する事が出来ず、すでにプレ化しつつある「GHOSTBUSTERS」の魅力について語ってみる!

「ゴーストバスターズ」との出会い

LEGOの話しから始めたいところですが、私が当時大好きだった映画「ゴーストバスターズ」との出会いから語っていこうと思います。

 

当時、私は中学生だったかな?映画にとても興味が出てきて、自分の住んでいる街には映画館が1館しかなく、しかも公開から数か月遅れで上映されるという田舎ならではの状況の為か、1時間電車に揺られながら隣の少し大きい街まで映画を観に行っていた記憶があります。

 

その頃公開されていた映画と言えば、「バックトゥーザヒューチャー」だったり「ターミネーター」「ランボー」「インディジョーンズ」など、今まさにリメイクされたり、続編が公開されている様な有名作品ばかり上映されていた時代であります。

 

そんな中「ゴーストバスターズ」も公開され、メジャーと呼ばれる作品にすぐ食いついていた私は、あのゴーストマークに一目ぼれして公開後、映画館に足を運んでパンフレットとポンチョを購入したような記憶がかすかにあります。

 

あれから30年…。

えぇぇぇぇ~…。と語っている本人ですらちょっとびっくりしているのですが、当時公開されてから早30年も経っているんですね~。

後々、私の趣味として語っていくであろう趣味の中に「アニメ」がありますが、あの有名な「ガンダム」「マクロス」「メガゾーン23」、CMでお馴染みの「Drスランプアラレちゃん」だって、みーんな30年超えてるんですよ?っていう「アニメ」の話しはまた今度。

 

LEGO 75827「GHOSTBUSTERS」消防本部

「ゴーストバスターズ」も30年を超え、最新作が来年2017年の夏に公開予定となっていますが、今年2016年の1月15日に「LEGOLAND」「clickbrick」(日本ではこの2系列のみ)のみで販売されました。

 

この商品はLEGOアイデア(旧LEGOクーソー)で10,000票獲得されていたにも関わらず商品化されていなかった作品でしたが、急遽商品化され海外ではすでに販売されており、日本でも1月15日に販売され、購入意欲満々でしたが価格で撃沈。

 

覚悟はしておりましたが、一般販売店(百貨店や家電量販店)での扱いのない「clickbrick」限定商品はほぼ2~3万円が相場で、今回の「GHOSTBUSTERS」消防本部はピース数がなんと4,634ピースと桁違いに多く、日本での価格は5万円前後(ネット調べ)だったそうです。

 

それでも諦めきれず先日「clickbrick」に顔を出したのですが、消防本部は在庫がありませんでした。

 

消防本部はすでにプレ化している模様…。

手に入れるには「Amazon」もしくは「Yahooオークション」となりますが、2月現在で「Amazon」66,800円「Yahooオークション」の落札相場で6万円前後といったとこで、販売価格より1万円もプレ化しておりました。

 

なんとも言えませんが、こういった限定商品は海外では通常で販売されていますので、「clickbrick」次第では今後入荷の可能性もあります。

少し待ってもいいかな~って人は、焦って「Amazon」「Yahooオークション」で高いものを購入せず、今後の入荷に期待してみてもいいかと思いますよ。

 

ちなみに海外の販売価格は350ドルで、日本円に換算して42,000円(1ドル=120円として計算)、送料を考慮しても「clickbrick」の販売価格はちょっと高めですが、日本で手に入れるには仕方のないと諦めて、今後の入荷を待ってみたいと思います。

 

LEGOの魅力まとめ

今回ご紹介したかった商品は一般店頭には陳列されない商品でしたが、他にも「clickbrick」のみで取り扱う商品が多数存在しており、店員さんも何故か女性の方が多く、大人の女性にも人気のあるLEGOの魅力について今後も研究をしていこうと思いますが、このブログを読んで少しでもLEGOに興味を持って頂けたらありがたいです。

 (画像引用元:ZUSAMMENGEBAUT.com)

スポンサーリンク