CANON「EOS80D」(相棒)を連れて近所のお寺さんでカメラのお勉強!!

80Dtera

スポンサーリンク

前回の続きで「水族館」での撮影体験をUPする予定でしたが、何を話そうとしていたのか忘れてしまったので今回は、近所のお寺さんに散歩がてら撮影のお勉強をしてきましたので、その辺を語っていきたいと思います!!

最近「EOS80D」ネタばかりでごめんね…。

IMG_0765

CANON「EOS80D」を購入してからというもの、暇さえあればカメラ(相棒)とともに散歩に出かけ、春という季節もあってか花と緑が綺麗な景色をバシバシ撮りまくっているのですが、今は写真を撮る事が楽しくて仕方がないので、しばらくは「カメラ」という趣味にどっぷり浸かりそうであります。

 

ただ、空いた時間には「ドラクエビルダーズ」(子供の制作の手伝い)をプレイしたり、毎日「UCカードビルダー」「リビルドベース」にログインし、ポイントゲットしてゲーセンに顔を出していますので、変化がありましたら記事をUPしていきたいと思います。

 

「カメラ」の思い出と時代について

正直今まで生きてきて「カメラ」に興味を持ったことは1度あったかないかくらいで、親父が持っていた一眼レフカメラ(フィルム式)にも興味はなく、私が20代の頃はまだフィルム式が主流だったので、現像するまで写りが分からないと言う時代に、お金もかかる趣味にハマるはずがなく、カメラの知識と言えば友達との思い出をただ撮る(残す)」アイテムとしての認識でしかありませんでした。

 

時は流れてデジカメが主流となった今、枚数を気にする事無くバシバシ撮りまくって失敗した写真はゴミ箱へと移され、気に入った写真のみを手にする事が出来ると言う、何ともカメラの世界は大きく変わり、いまやカメラの性能も向上して、一昔前の「100万画素!!おお~~~!!っと喜んでいたのがつい最近の事のように思い出されます。

 

綺麗な写真だけなら私は「iPhone」で十分満足?!

最近発売されている携帯(スマホ)のカメラ機能は、ほんと十分すぎるくらいの性能があり、1万円前後で販売されているコンパクトデジタルカメラを買う意味があるのかないのか分からないほど綺麗な写真が撮れて、しかも撮った写真を加工まで出来るのだから、写真自体にこだわらなければスマホで十分だと思います。(しかも気軽だしね!)

 

ただ、一度だけでも「一眼レフ」で撮った写真の魅力を知ってしまうと「綺麗」だけじゃ満足できなくなってしまい、もっと知りたくなってしまったというのが今回の購入のきっかけでもあり、しかも動画まで撮れちゃうって事だから我慢が出来なかったんです。

 

「単焦点レンズ」と「F値」ってすんごいね!?

IMG_0736

前置きがながくなりましたが、今更ながらにして前回行った「水族館」での撮影や、今回の散歩での撮影もそうですが、みなさんが絶賛しているレンズCanon 50mm f1.8 STM 単焦点レンズを使用し、「F値」1.8に設定してボケを強調した写真を撮りまくったのですが、ほんと初心者の私でも感動するくらいの写真がバシバシ撮れるので、youtubuHPで詳しく写真の撮り方を紹介している方々や、「単焦点レンズ」のレビューをして下さっている方々に感謝したいと思います。

 

私ってば壊れてしまったEOSkiss DigitalXを使用していた頃は「F値」って知らなくて、知ったのは「EOS80D」を購入すると決めた数日前くらいからなので、一眼レフカメラに関してはホント初心者なんです。

 

購入してからも毎日のようにyoutubeHP(ホームページ)の「一眼レフ講座」などを見て、日々勉強しながら試し撮りしてます。

 IMG_0746

同じ景色でも設定ひとつで雰囲気が変わる!?

毎日が勉強の日々でして今回の散歩にはもう一つ試してみたい事があり、とあるyoutubeチャンネルにてWB(ホワイトバランス)の設定変更比較画像が紹介されており、「日蔭」とか「蛍光灯」「曇り」などの設定を変更する事により、雰囲気が違う一枚に変化していたので、今回WBをいじくって撮影してみました。

 IMG_0679

写真だけでなく、WBは動画にも対応するので、一味違った動画も撮れるのではないかと勉強になりました。

 

「EOS80D」と一緒に散歩で試し撮り!!まとめ

見出しには触れず、今回もあれこれ悩みながら撮影していたらあっ!!っという間に時間が流れており、楽しいひと時を過ごすことができました。

 IMG_0761

次回は是非ともというか、流れている「水」(川でもいい)ので、シャッタースピードを遅くして糸のような流れを撮ってみたいのですが、初心者にはハードルが高く、まず三脚が必須という事で、今後夜景とかも綺麗に撮ってみたいので、三脚の購入を検討したいと思いつつ、「EOS80D」とともにカメラの世界を楽しみながら勉強していきたいと思います。

スポンサーリンク