「スキレット」をキャンプ用に購入して何度か使ってみたのでご紹介!!

img_3572

スポンサーリンク

今回はキャンプに行ってないけどキャンプネタという事で、前々から欲しかった「スキレット」をホームセンターで購入して、実際に何度か使用してみたのでご紹介していきたいと思います!!

「スキレット」が何故に欲しかった?!

以前の記事にてCANPに行って来た話をさせて頂いたのですが、CANPに行く以前にネットやらYoutubeやらでCANPの勉強をしていた際、必ずと言って良いほど動画に登場する料理風景、しかもCANP料理は豪快かつ食材もワイルドな感じで紹介されている動画がほとんどで、使用している小型のフライパンはみな「スキレット」というくらいド定番なんですが、よくよく考えれば「スキレット」じゃなければいけない理由が存在している訳で、CANPと言えばBBQコンロで炭を熾してその上で「スキレット」を使用するのだからテフロンの小型フライパンを使ったひにゃ~フライパンが一発でダメになってしまうので「スキレット」を使うのだと理解するのですが、どの動画を見てもみなさん小型のCANP用コンロで使用している人がほとんどなんです。

 

なら何故に「スキレット」を使うのか?それは「ワイルドだから!!」です!ってのは半分冗談で、美味しいと言うのが理由で、しかも冷めにくいのでいつまでも熱々を食べる事ができます。

 

という理由から欲しかった「スキレット」をホームセンターにて780円で購入してしまいました。

 

ちなみに100均の「ダイソー」で「スキレット」が300円で売られているとの情報が、ネットで広まっていたので私も何件か回ってみたのですが「スキレット」を見つける事が出来ませんでしたので、ホームセンターでちょいと高いのを購入する事にしました。

 追記:ここ最近出歩いて調べた結果、「ニトリ」でスキレットを扱っており、私が購入したサイズ(確か15か16cm)が498円くらいで、18㎝の物が780円ほどで売られていましたので、今のとこ一番おすすめであります!!

 

早速使ってみた!!どんな感じ?!

img_3576

※画像は鶏モモでなく、モツ(丸腸)を煮込んだものですが脂がハンパなかったです!

 

早速購入してから数日後にスーパーで鶏のモモ肉を購入して、塩麹のたれに30分漬けてから焼いて食べてみましたが、子供たちも「美味しい美味しい!!」言って食べてくれました。

 

実際のところ、テフロンのフライパンで焼いても味にそれほど違いはないと思いますが、「スキレット」で焼いた方が「焦げ目」が付いて外はカリッと中ジューシーとまではいきませんでしたが近いものはありました。

 

ただ、熱の伝わり方が早いので、鶏肉などを焼くときは強火でガンガン焼いちゃうと外はコゲコゲ中は生??ってな感じに焼けてしまうので、私は最初強火で鶏の皮を下にして焼いてから、焦げ目が付いたらひっくりかえして弱火で蓋をしてジックリ中まで火を通す感じで焼きました。

ちなみにホームセンターには丁度合うサイズの蓋がなかった為、蓋の購入を断念しましたが、絶対に蓋はあった方がいいです。私は未だに持ってないのでアルミホイルを使って蓋にしています。

 

「スキレット」のお手入れ方法とは??

img_3571

スキレット」はコーティングされたフライパンとは異なり鋳物なので、使用してから洗剤を使ってゴシゴシ洗ってそのまま放置しておくと錆びたり、焦げ付きやすくなってしまう為、面倒ではありますが手入れが必要なフライパンなのです。

 

実際使用したら、たわしを使ってお湯で洗い流し、火にかけ完全に水気を飛ばした後、冷ましてからフライパンに油をうす~く塗って保管するのが良いみたいです。

 

このお手入れを何度も何度も繰り返す事によって、フライパンが馴染んで料理がしやすくなるようなので、お手入れと言うよりは「フライパンを育てる!!」といった方が良いと思います。

 

ちなみに洗剤を使ってしまうと馴染んだ「油」が抜けてしまうので、洗剤は使わない方が良さそうです。(のりの付いたジーパンを育てるのと一緒みたいだね。)

 

「スキレット」を購入して使ったまとめ

実際のトコロ、このスキレットを使って「煮カツ」も作ってみましたが、こいつは普通のフライパンで作っても味は同じかな~って感じだったよ!!

 

やっぱり「スキレット」を使って料理をするのであれば、「ステーキ」や「ハンバーグ」などの焼き物をメインで使った方が「見た目」も「」も断然「スキレット」の方が美味しく作れると思います!!

 

何よりこの「ワイルド感」がたまらね~!!ってな感じで早くCANPで使ってみたいと思う今日この頃ではありますが、このところ忙しくてCANPに行く計画が出来ていないので、何とか今年中にはもう一回くらい行けたら良いと思っとります!!

スポンサーリンク