携帯ゲームアプリ「ブレイブファンタジア」が個人的に終了で残念な件?!

burefan

スポンサーリンク

今回は「セブンナイツ」ネタはちょっと置いといて、以前ご紹介したスマートフォン専用ゲームアプリ「ブレイブファンタジア」が、個人的にプレイしなくなってしまったので、「何故にプレイしなくなったのか?」を語っていきたいと思います!!

こういったゲームに良くあるマンネリ化?!

20160609062702

以前に似たような事を語った記憶があるのですが、今一度個人的な感想を語らせていただきますと、スマートフォン専用ゲームアプリの大半はほぼ無料でプレイする事ができ、とある宝石系アイテム(課金アイテム)を消費する事で「ガチャを引いたり」「コンティニューしたり」「スタミナを回復したり」と、他にもさまざまな用途に宝石系アイテムが使用され、他の人との差別化を図りたいのであれば課金して自身のパーティーを強くすることもできます。

 

ただ、無課金でもゲームはプレイでき、イベントで配布されるアイテムを貯めるか、ストーリーモードなどをクリアしてアイテムを得るなど、毎日コツコツとプレイする努力が必要となってきます。

 

ブレイブファンタジア」以前にも、様々なゲームアプリを遊んできましたが、私は基本無課金にてゲームを楽しんでいる為、毎日コツコツと宝石(仮)アイテムを溜めては、イベントガチャなどを引いて、強いキャラを育ててゲームを楽しむといったパターンが多いのですが、「ブレイブファンタジア」に限って言えば、「ガチャが渋い…。」といった印象で、ガチャを回す時、扉の周りがレインボー状態でなければほぼ☆5キャラは出ず、期待が出来ない状態で、現状☆5キャラが出たとしても、他のキャラとそれほど能力の差がない為、同じことの繰り返しといった状況で、最近は「面白い!!」といった感情が薄れ、ログインもしなくなってしまいました。

 

アップデートにより新しいイベントも時折開催されていますが、アップデートが遅い印象があり、内容も「ええ~~!!」と驚く内容ではなく、他のゲームでも開催されている様な内容で、「ランクによって敵が固い!!」まさにコレ!!ゲームアプリの一番直してほしい要望として、「敵が固くなって攻撃力が増す!!」ここを改善してほしいです。

 

ココを改善しないかぎりマンネリ化が治まらないような気がします。

 20160609062644

出す時期が遅すぎた?!

20160609062738

ブレイブファンタジア」はキャラクターがかわいく、何より召喚獣の召喚システムが斬新で、「ここぞ!!」と言う時に「必殺技」として使えるので、遊び始めた頃は楽しかったのですが、「ブレイブフロンティア」と似ている所がいくつかある為、熱が冷めるのも早かったですね…。

 

パズドラ」から「モンスト」あたりが出だした頃に登場していればファンも増えたと思いますが、ちょっと遅かったように思います。

 

これから登場するゲームアプリは比較される?!

毎月数タイトルのゲームアプリがリリースされる中、今はゲームシステムが確立されつつあり、今後出てくるゲームは必ずと言って良いほど既存の有名ゲームと比較されてしまいます。

 

そんな中、比較された上で「面白い!!」とユーザーに思わせないといけないので、ヒットするにはそれなりのコンテンツや、イベントを盛り込む事でユーザーを飽きさせない工夫が必要となり、更にはキャラクターの魅力からガチャシステムまで、手抜きが出来ない状態であります。

 

携帯ゲームとコンシューマーとまとめ

語っていてちょっと中途半端になりますが、今まで語ってきた内容はあくまで私一個人の感想であり、決して携帯ゲームアプリを批判している訳ではありません。(そう聞こえてたらごめんね…。)

 

私のゲーム歴はこのブログの当初に語っておりますが、喫茶店に設置していた「インベーダーゲーム」や「ゲームウォッチ」など、ほぼゲームの原点より遊んでおります。

 04_px200

(わが家にあったインベーダーは白黒でした!)

どちらかと言うと「コンシューマーゲーム」を応援している方で、今や国内のゲーム業界は携帯ゲームに力を入れつつあり、家庭用ゲームはほぼ海外のゲームの方が圧倒的に製作費を莫大に注ぎ込んだ大作が発売され、国内の有名メーカーは沢山ありましたが大手の傘下、もしくは買収、合併と、縮小傾向あり、「プレイステーション」も「4」あたりから国内重視ではなく、海外に目を向けております。

 

幼少よりゲームと共に歩んできた人生、振り返ればゲームとの思い出も沢山あり、寝ずにプレイしたゲームも数知れず、今こうして思えばゲームの進化を肌で感じながら生きて来れたので、この先もワクワク出来る様なゲームと出会えることを祈りつつ、今回は何のこっちゃ分からん内容になってしまいましたが、たまにはゲームの歴史を振り返るのもいいなぁ~なんて思いながらまた次回!!

スポンサーリンク