潮干狩りは採れても採れなくても楽しいから子供たちにおすすめ!!

7c7a4d16d921af62a2d4a01325cb8b73_m

スポンサーリンク

今回はゲームから離れて、去年に引き続き家族で「潮干狩り」に行って来たので、どんな様子だったのかを語っていくとともに、持って行ったら便利な道具などを紹介していきたいと思います!!

終わりがけに行くといっぱい採れる??

shiohigari_tool

潮干狩り」はと言うと大体の所では7月から「海水浴」に切り替わる為、6月末までの営業の所が多く、去年は営業終了ぎりぎりに行ったらバケツ一杯採れて友達に配った記憶があったので、今年も6月終盤に行ってきたであります。

 

結果から先に言ってしまうと、去年の「バケツ一杯」とはほど遠い結果となってしまいましたが、今年は去年と違い「はまぐり」がたくさん採れ、子供たちはと言うと、採れても採れなくても海で遊べただけで「大満足!!」と言った感じで、結果家族みんなが「楽しかった!!」と思ってくれた「潮干狩り」になったので満足な一日となりました!!

 

なぜに去年はたくさん採れたのか?疑問ではありますが、昨年採っていた場所は広い海辺の一画でしか採れなかったので、もしかしたら養殖している貝を開放したのではないか?と思っているのですが、真相は不明であります。

 

あったら便利な道具を紹介!!

まずは貝を掘って採るための「熊手?」って言うのか分かりませぬが、これがなくては始まらないので、人数分の熊手(100均で売ってます!!)と、子供(小さい子)には砂場遊び用のプラスチックの熊手。

 31h5Xs7f-GL

採った貝を入れる小さいバケツもしくはネット状の袋があれば便利なのですが、日差しが強いとネットの中の貝が干からびてしまうので、バケツの方がいいのかな

後は採った貝を入れて持って帰る用のタッパとクーラーバックがあれば安心であります。

 

それと2ℓぐらいの空のペットボトルがあれば帰ってから塩抜きに使う海の水を入れて持って帰る事が出来るのであれば便利であります。

 

自分を守る準備も必要!!

貝を採るための道具に関しては、みなさんも大体想像が出来ると思いますが、実はここからが重要でして、貝を採っている時って意外にも夢中になって黙々と掘り続けるので、同じ姿勢になりがちな為、お家に着いてお風呂に入って気付くのですが、結構日焼けしているんです。

 

それを防ぐためにも日焼け止めはもちろんの事、長袖(ラッシュガードみたいの)着用や、首にタオルを巻き、帽子も被っていた方が良いと思います!

 

特に子供さん達には細目に水分補給をさせ、割れた貝がたくさん落ちているので手や足を切らないように手袋や、マリンシューズがあるとそれらを防ぐことが出来ます。

 610Sr8ypkJL._SL1019_

念のため、もしもの時の為に水対応のバンドエイドを持参しとくと良いでしょう!!

 

ちなみに水着を着用しとかないと多分濡れますので、安易に短パンとかでしゃがみながら採ればいい!!なんて考えない方が良いです。(しゃがんで採ってたら後で腰が痛くなるし、力はいらないしで後悔するから最初から水着でおもいっきり採りましょう!!)

 

砂抜きと潮干狩りまとめ

a0002_011957

砂抜き方法」なんてみなさんご存知だとは思いますが、昨年わが家の冷蔵庫内がびしょ濡れになってしまったので、最後にお伝えしますが、貝は採ってきてすぐ調理すると貝の中が砂だらけなので「砂抜き」をしなくてはいけないのですが、昨年わが家ではボール(調理用)に貝を入れ、塩水を浸してそのまま冷蔵庫に一晩寝かしておいたら、冷蔵庫中が水浸しになっておりました。

 

貝さんは、暗くて静かになると口を開いて砂を水鉄砲のように「ピュ~!!」と飛ばしまくります。

なので、新聞紙などで蓋をする必要がありますので注意しましょう!!

 

という事で、今年もなんとか「潮干狩り」にいく事が出来、楽しい休日を満喫する事ができましたので、次は家族で「初キャンプ」に行きたいな~なんて計画しながら子供との思い出を作っています。

 

今回は海に行ったので「EOS80D」はお留守番でしたが、また出掛けた際は写真も撮りまくりたいと思います!!

スポンサーリンク