わが家の子供達の「趣味」ってなんだろう?これでいいのか考えてみた

IMG_2164

スポンサーリンク

前回の記事にて家の娘が「ドラゴンクエストビルダーズ」にハマっている事を少し触れてみましたが、ふと「子供たち(わが家)の趣味ってなんだ?」と同時に「これでいいのか?」を少し考えてみました。

小さいうちは「何がしたい。」が分かっていない?

家の子供たちは5歳と3歳の二人姉妹なのですが、下の子は「趣味」という言葉すらまだ理解していない状況で、次女という事もあってか、お姉ちゃんの後ばかり付いてまわり、おもちゃなども元々お姉ちゃんに買ってあげた人形であったり、LEGO(デュプロ)やパズルをひたすら遊んでいるので、「お姉ちゃんがしたい事=自分がしたい事」というように、お姉ちゃんと一緒に遊ぶことが最大の「趣味」という感じです。

 

一方、お姉ちゃんの「趣味」はと言うと、5歳ともなれば幼稚園にも通って友達もたくさんいますので、「趣味」という形ではなく、「楽しく遊んでいる事(物など)=趣味」という感覚なのでしょうか、5歳児では「趣味」という概念はなく、私の影響がとても強く、特に映像系(ゲーム、DVD、youtubeなど)が凄く好きで、いろいろと教えてしまった事を少し反省するレベルであります。

 

子供の趣味はどこまでが許容範囲?

下の子はハッキリ言ってお姉ちゃんの影響がとても強い時期なので、このまま見守ってあげるとして、今の長女が3歳の頃だったか、私を含め親が忙しい事をいいことに当時使用していなかった携帯電話にyoutubeやら簡単なゲームアプリを入れて娘に渡していたところ、もの凄く静かに遊んだり、youtubeを集中して見てくれた事で、何かと携帯を与える機会も多くなり、今となっては覚えたての言葉を入力して自分の見たいチャンネルを見るまでに成長してしまいました。

 

幸いな事に幼稚園の就園時間以外でも、お友達やママ友との交流が沢山あるようで、お外で遊ぶ機会も多く、毎日youtubeやらゲームをしている訳ではないのですが、あまりわがままを言わない娘がゲームに関して最近わがままを言うようになり、私の影響がとても強いだけに何処まで許して良いのか最近悩むようになりました。

 

娘の「趣味」は明らかにゲームとyoutube!

私の趣味の中に、「GAME」があるのですが、私も小さいころから親に「ファミリーコンピューター」を買って貰ってからというもの、出てきたほとんどの機種は購入して遊んでいて、一時期ゲーム屋さんのお仕事をしていたほど好きなんですが、当然の如く現在の家には任天堂の「WiiU」ソニーの「PS4」「PSVita」「PS3」が現役稼働中で、倉庫の中には「XBOX360」やら「ゲームキューブ」の他にも沢山眠っている訳でして、私が遊ぶ以上、子供にゲームは遊んだらダメだよ!!なんて怒れるわけもなく、子供がゲームで遊びたい~!!とわがままを言って奥様に怒られては私も責められる始末。

 

最近は幼稚園から帰って来て何も用事がない時はすぐゲームしていい??ってのが口癖で、最近ハマっている「ドラゴンクエストビルダーズ」に関してはハードが「PS4」の為、私がいる時以外は遊ばせていない為、いない時はyoutube「ドラゴンクエストビルダーズ」のゲーム実況を見ているか、WiiUの「スプラトゥーン」で遊んでいるようです。

 

ルール作りをして遊ばせている!

遊ばせていると言っても永遠に好きなだけ許可している訳でなく、今はゲームやyoutubeなど、映像系すべてひっくるめて時間を1時間なら1時間とタイマーを測って遊ばせるようにしています。

 

わが家では普段過ごしている時間や、ごはん時もテレビはほとんど点ける事がなく、テレビはむしろモニター的な役割を果たしており、私の考えによる子供に対しての心配は「映像を長時間視聴しての健康問題」と、映像内容による「子供に影響を与えるであろう恐怖や衝撃映像」を一番心配しており、良く世間で言われている「ゲームは悪影響を与えている。」という一つの意見もあると思いますが、今やテレビで放送されている内容はyoutubeなどで見ることが出来る衝撃映像をまんま放送していたり、例えとして一時期話題になった「進撃の巨人」の映画予告や、テレビCMなども私から見ればテレビもゲームも一緒だと思う訳で、小さい子供は「観る」「観ない」を選択する事ができないので、親である私がちゃんとしなきゃと思う今日この頃であります。

 

子供の趣味についてのまとめ

今回の記事だけ読んでたら家の子はゲームばっかしてるって印象が残ってしまうでしょうが、出来る限り家族で公園に行って遊んだり、市や町で主催する祭りごとや行事には積極的に参加したり、絵本を読んだり、ブロックで遊んだり、手紙を書いたりと、子供の成長に合わせた体験をなるべく経験するようにしています。

 

っていいこと書いてますが、ほとんど奥様が頑張って子供たちに経験させているんで、奥様にはほんと感謝しています。

まだまだ書きたい事たくさんありますが、子供の成長とともに私も一緒になって考えていきたいと思います。

スポンサーリンク