【若杉高原おおやキャンプ場】はじめてのグランピング体験をして来たの巻!!

スポンサーリンク

ご無沙汰しまくっているこのブログですが、肝心の趣味に関して言えば精力的に活動しまくっている訳で、ついこの前も念願だった「グランピング」を若杉高原おおやキャンプ場にて体験してきましたので感想を語っていきたいと思います!!

人気のグランピング

そもそも「グランピング」って何?って方の為に、以前「グランピング」について少し詳しく書かしていただいた記事を参考にして頂くとして、昨年あたりからとても人気があり、全国各地に続々とグランピング施設がオープンしており、都会の真ん中でも気軽にBBQが楽しめるグランピング施設が期間限定でオープンするなど、気軽に、手軽にキャンプ気分を味わえるとして今まさに大人気状態で、全国各地にあるグランピング施設の予約状況はほぼ満室状態であります。

 

何故にこれほどまでに「グランピング」が人気なのか?を個人的に推測すると、まずキャンプ道具を一から揃えずにキャンプが体験できると言うのが一番大きく、「キャンプに行ってみたいけど道具ないし経験ないから不安だな~…。」という方が沢山いる中で、グランピングは手ぶらでキャンプを楽しめるように、テントは最初っから設営してあるし、ベッドはもちろんソファーや、じゅうたん、ランタンまで設置してあり、BBQ設備にタープ、テーブル、イス、ハンモックと、普通にホテルに泊まりに行くような感覚で手軽にキャンプを体験できるシステムの為、食事も「焼いて食べるだけ」で、朝食も用意されています。

 

施設によっては近くに温浴施設も併設されていますので、暑い夏でもサッパリお風呂に入る事も出来、何より設営されているテントや家具類などがとてもオシャレで、カップルからファミリーなどにグランピングは今や大人気スポットとして注目されています。

一度は体験したい「グランピング」

そんなこんなで以前の記事にて紹介した、京都のるり渓にあるグランピング施設「GRAX」に行こうと思っていたのですが、予約をしようとHPを覗いたところ今シーズンの夏はほぼ満室状態で、予約をするなんて呑気な事言ってる場合ではないくらい人気であり、予約が取れませんでした。

 

グランピング」に限らず、最近のキャンプ場施設はとても綺麗で、電源も設置されている場所も多く、みなさんシーズン前から予約の準備をすすめ、開始と同時くらいに予約をしているので、呑気にしていた私が甘かったです。

 

若杉高原おおやキャンプ場の…。

そんな中、あちこちキャンプ場のHPを閲覧していると、グランピングを体験できる施設が予約可能でしたので即効で電話で予約し、6月に初の「グランピング」を体験してきました。

 

今回体験してきたグランピング施設は、兵庫県にある「若杉高原おおやキャンプ場」の施設内にある、「ロッヂふじなし」さんが運営するグランピング施設で、1日限定一組しか予約を取っておらず(シーズン中は2組?)、おおやキャンプ場とは運営が異なる(予約サイトも別)為、おおやキャンプ場が満室状態でも予約を取る事が出来ました。(今だけかも)

 

初体験「グランピング」

それでは早速「グランピング」を体験してきた感想を語っていきたいと思います。

 

設備は?

設備は、他のグランピング施設が運営しているのと同等のテン幕(SHERTER)であるワンポール型のテントで、ダブルサイズのエアーベッドが2つとテーブル、木製ソファー2脚、外にはタープが設営してあってガスタイプの縦型BBQコンロ、イス4人分にテーブル、焚火台、焚火台テーブル、ダッチオーブン一式と、カトラリーセットなどなど、ほんと手ぶらでキャンプを体験できる設備が一通り揃っておりました。

ハンモックもあったよ!

 

ご飯は?

宿泊料金には夕食が付いていまして、BBQスタイルの料金が発生する人数分のお肉、お野菜、ご飯をロッヂ側の食堂に取りに行って自分たちで焼いて楽しむ事が出来、タレなどの調味料もすべて貸していただけます。

 

おすすめポイント!

ここでおすすめポイントとして、ロッヂふじなしさんで運営するグランピングは、なんと食材の持込みOK(2017年6月現在)と言うことで、自分で食べたいものを持ち込んで食べれるといったメリットがありますので、チキンを丸ごと持ち込んでダッチオーブンで調理したり、セットの食材以外で食べたいお肉なんかも別で持ち込む事ができますので、他のグランピング施設にはないメリットとしておすすめであります。

 

朝食は別料金にて用意してくれますので、必要な方は予約時に別で申し込みして下さい。

ちなみに我が家はキャンプの定番であるホットサンドを食材持込で調理して食べたので、食材さえ持ち込めば自分好みの朝食を頂けるというのがとてもありがたい事であります。

お風呂はあるの?

最近ではキャンプ場にも温浴施設が完備されている所が沢山ありまして、ここでも「ロッヂふじなし」さんの浴室を利用する事が出来ますし、おおや若杉キャンプ場内にある「温泉?(別料金)」も割引券付きで利用する事が出来ますので、サッパリしてから寝むる事が出来ます。

 

焚火は出来るの?

キャンプの醍醐味と言えば何と言っても「焚火」ではないでしょうか?僕は田舎育ちのオールドタイプの人間なので、小さい頃から火遊びをしまくっており、おじさんになった今「焚火」をするととても癒され、グランピングを体験したこの日も、薪を一巻(500円)購入して焚火をしましたが、もちろん焚火台があるので焚火を体験する事が可能ですが、薪に火を点けるのは自分でしなくてはいけないので、それなりの知識と根性が必要になります。

しかも売っている薪はかなり太く、薪を割る道具は持参しないと貸してくれないので、薪に火を定着させるのは難しいかもしれません。

火をおこすのもキャンプの醍醐味なので、是非チャレンジしてみて下さい!

初体験「グランピング」まとめ

ロッヂふじなし」さんの運営するグランピング施設は、他のグランピング施設と比べて料金がとてもリーズナブルかつ、テント設営場所がとても静かな場所であり、食材持込自由な点で大満足でありました。

 

ただ、僕個人的な感想を言わせていただくと、すべてが用意されている点で個人的には「物足りない」感があって、実際にキャンプを経験している方には「何かが違う」という感覚があるのではないでしょうか?

キャンプを始めてみたい。経験したい。」という方は道具を揃えたり、不安が沢山あるかと思いますので、こういった「グランピング」から体験するのは、とてもいい勉強になりますので、「グランピング」から始めてみるのは如何でしょうか?

 

キャンプはほんと楽しいですね!

スポンサーリンク